CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
♪銀士くん
♪同盟参加
あーみん
♪お友達募集中
無料カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
<< 第5日目 | main | 第7日目〜最終日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第6日目
4月30日。
朝8時30分にホテルを出発。

カヤプレステージホテル

10時発のトルコ航空TK−313便
イスタンブール行きの飛行機に乗るため空港に向かいます。
イズミールの街並みともお別れ。

空港へ

イスタンブールは、これまたすごく楽しみにしていたところなので
飛行機に乗る前から少々浮かれ気味。

国内線乗ります

イズミールからイスタンブールまで、約45分程度の旅でした。が、
やはりでっかいマフィンみたいな軽食を頂きました。

空港に降り立ち、出口に向かっていると
ガイドのアルプさんが携帯電話で話しながら困った様子。
何かあったのかな・・?と思っていると
「皆さんの乗るバスが、渋滞で遅れています。スミマセン。」との事。
まあそんなこともありますよと、しばし待つことに。
でもこの待ち時間も結構楽しめました。
空港出入口で待機していたのですが、
別れを惜しんで、もしくは再会を喜んで抱き合う人たちを
たくさん見ました。ああー、皆ドラマがあるねぇ・・と思いながら。
そして、イスタンブールの(ある意味)特徴でもある
喧騒や、埃っぽさをすぐさま実感することが出来ました。
私がこうやってモノ思いにふけってバスを待ってる一方、
うちのオットはアルプさんとタバコをがすがす吸いながら
タバコ談義をしておりました。

30分程待ったところで、ようやくバスの到着。
早速乗り込み移動開始です。

イスタンブル到着

イスタンブールでの最初の目的地はブルーモスク。
実際、目の当たりにしてもウソみたいで固まってしまいましたが
じわじわと感動がこみ上げてきて感涙でした。

ブルーモスク

ブルーモスクとは、正式名称を
「スルタン・アフメット・ジャミィ」
といい、スルタン・アフメット1世の命により
1609年に着工、1616年に完成したモスクです。

見上げるオット

周りには6本の突塔がそびえているのが最大の特徴で
これは世界唯一でもあります。
外観、内部共にブルーを主体としたイズニック・タイルで知られており
このためブルー・モスクといわれるようになったみたいです。

内部は恐ろしくキレイだったのですが、
うまいこと写真が撮れなくて・・(泣)

モスク内部

ここは入場料が「任意の寄付」です。スゴイよな・・。
払わなけりゃ、無料でこんな素晴らしいものが見れるのです!
私?払いましたよ。見学したらまず払いたくなりますよ。
それに私は、払ったらもらえる
「寄付しました券」が欲しかったので。

イスタンブールのモスクといえば、もうひとつ。
ブルーモスクと対峙するようにそびえる
「アヤソフィア」

アヤソフィア

こちらのモスクは、赤です。
アヤソフィアはツアー見学の行程に入ってませんでした。
明日が各自、自由行動になっていたので、オットと
「明日、来よう。」と計画していました。
ところが、間の悪いことに明日は見学できないという情報が。
急な休館だったみたいです。すっごく残念・・。
アヤソフィアを見に、再びトルコを訪れるという目標が出来ました。

ここでお昼ごはん。

お昼ご飯

サラダ、スープ、そしてドネルケバブ(羊肉のうす切り)でした。
もちろんおいしかったですよー。

お腹一杯になったところで、午後の部開始。
トプカプ宮殿に向かいます。

すごいところでした。
敷地は広大すぎるし、人は多いしで、少し疲れた・・。
宝物多すぎて、見てる間にマヒしてきちゃいました。
でも大きなエメラルドが3つもはめ込まれた短剣見て「ひえー!」
86カラットの巨大なダイヤ(しかもその周りには49個のダイヤ)を見て
「でぇぇぇー!」
なんて感じで、実は結構楽しんだのでした(笑)

トプカプ宮殿

一生懸命見て行かないと終わらないので、必死だったゆえ
あまり写真がありません。
申し訳程度に上↑の写真載せておきます・・(汗)

展示物を一通り見た後、庭園でほっと一息。
黒チューリップ
たくさんのチューリップが咲き誇っていてとてもキレイでした。
チューリップはトルコ原産です。
あ、前にも書いたか?
黒チューリップ(実際は濃い紫だが、黒く見える)は
珍しい上に本当にキレイです。

そしてこの宮殿の庭園からは、ブルーモスクも見え、
素晴らしい景色でした。

トプカプ宮殿から見たブルーモスク

集合場所に向かうと、皆さんも見終わってぼちぼち集まっていたので
次の場所に移動開始。

次はグランドバザールです。
世界的にも有名な巨大マーケット。
いくつもの通りがあり、店舗の数は4000とも5000とも
言われています。実際迷いそうで怖かった。
ここは結構観光客相手に商売をしているので、相場が高く
わりとふっかけられるとも聞いていたので
どうかな〜・・と思っていたのですが、楽しめました。
値切り交渉して、自分が払ってもいいと思った金額で
買い物しました。
しかしホントに迷って、出られなくなる危険性を感じたので
しょっちゅうメインストリートに出て、
方向を確認しながらの散策でした。

いろんなお店を見てたら、集合時間なんてあっという間。
そして今日の行程は終了です。
あとはバスでホテルに向かうだけ・・と思っていたら
アルプさんから提案が。
時間的にも道が混んでいるので、バスでのろのろ移動するより
メトロとトラムを使ってホテルまで行ってみませんか?と。

願ってもないことでした。
明日の自由行動で、メトロもトラムも乗ろうと思っていたので、
今日乗り方を教えてもらっておけば安心です。

駅まではバスで移動し、いざメトロ。
世界一短いらしいですよ、イスタンブールのメトロ。
地下鉄というより、ケーブルカーみたいな感じでした。
あっというまに降り、次はイスティクラル通りを運行するトラムに、
ホテルのあるタクシム広場まで乗ります。

トラム 路面電車

これがえらくノンビリで、徒歩の人たちにすいすい追い抜かれる速度でした。
でもゆっくり街並みやお店が見れて、なかなかおもしろい。
そしてホテルに到着。
今日は「マルマラ・イスタンブール」という、
結構な高級ホテル。

マルマラホテル

部屋も、部屋から見える景色も抜群でした!
ブルーモスクも見えてたので、
アホみたいに眺めてました。
あ、下の写真では見えないですが・・。

部屋からの景色

この時点から、明日の集合時間14時までは自由行動になります。
明日は夕方17時20分発の帰国の飛行機に乗るのです。

少しでもイスタンブールを味わおうと思い、
オットとさっそく散歩。
今日は夜ご飯も各自、自由だったので
夕食のお店を探しつつフラフラ、ウロウロ。
CD屋さんで買い物なんかしてたら、あっという間に暗くなってしまったので
何か買って、部屋でゆっくり食べようということにして
サンドと飲み物を買って帰りました。

夕食

こんなのでも、すっごくおいしくて驚きでした。
だいたいパンが素晴らしくウマい。
そしてデカイので、ボリュームも申し分なく、最高のディナーでした。

おやつに焼き栗を買って食べました。
トルコの街中には、焼き栗売りとゴマパン売りがいたる所にいる!

焼き栗は100g3リラ程(値段はまちまちかな)で、
可愛い紙袋に入れてくれます。
焼き栗屋のおじさんが秤で100g量っているのを
オットが珍しげにじーっと見ていたら、
おじさんはニコリとしておまけをしてくれました。
100gの秤が振り切れてたよ・・。
おじさんありがとう。

こうしてイスタンブールの夜は更けていきました。

| 日記 | 11:13 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:13 | - | - |