CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
♪銀士くん
♪同盟参加
あーみん
♪お友達募集中
無料カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
<< 第4日目 | main | 第6日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第5日目
4月29日。

今日最初の観光は
「パムッカレ石灰棚」。

パムッカレ

パムッカレとは、トルコ語で綿の城という意味です。
ここは温泉地で、
豊富なカルシウムと二酸化炭素を含んだ温泉が
地表を流れ落ちる時に、石灰質のみ崖に残り
一面が真っ白い石灰棚となりました。

パムッカレ全景

素晴らしくキレイで絶景でありました。
石灰棚は靴を脱いで歩くことが出来ます。

パムッカレ

ただこの日は寒く、石灰の上を素足で歩いていると
冷たさのあまりしびれるほどでした。
でもしばらく歩いた先には、
水を湛えたキレイな水色の石灰棚があるので
それを見たさにがんばっていたのです。
足湯に浸かりながら↓ しかしぬるい。

足湯

しばらくする、と無常にも雨・・。しかも激しい雷まで。
まわりのガイジンさんたちはみーんな引き返し始めました。
はい、私も泣く泣く引き返しました。うう・・。

バスが待ってる場所まで
結構な距離を歩いていたので、
戻るまでにはもう雨でびしょ濡れでした。
バスに乗り込みタオルで体や鞄を拭いていると
これまた同じくびしょ濡れのガイドさんが
「雨降ってきて、残念です・・。大丈夫ですか?
しっかり拭いて。風邪引かないように。
では次の場所に出発します。」
と話をして、早々に出発。

ところが、少し走ると雨は止みました。
あんなどしゃ降りやったのにー!(怒)
パムッカレは少し悔いが残る場所でした・・。

次の休憩所で温かいチャイで一息。
体は冷えていたのでよけいおいしかったー。

チャイで一息

私がちびちびチャイを飲んでいると、
お店のご陽気なおじさんが
「サービスゥ〜。」
と言ってオットにチャイをくれた。
「ザクロ、ザクロ」
と言っていたのでおそらくザクロ味のチャイなのだろう。
それは恐ろしくピンク色だった(笑)でもおいしかった。
好意がうれしくて、寒さも忘れました(^^)

そしてまた移動開始。エフェスというところに向かいます。
ありがたいことに、雨はすっかり止み、いい天気になりました。

移動

午後の観光、最初は
「エフェス都市遺跡」。

エフェス都市遺跡

ここはトルコでも指折りの古代遺跡群です。

エフェス都市遺跡

ヘラクレスの門、トラヤヌスの泉、メミウスの碑。
そしてすごく見たかったケルスス図書館↓↓

ケルスス図書館

いやー、もう感動でした。
その他にも娼婦の館跡や、公衆トイレ↓↓

トイレ

ローマ時代のシンボルでもある円形劇場もありました。
2万4500人収容ということで、
現在でもコンサートなどで使用されるのだそうです。

あと、レスキューのマーク(脊髄と蛇)やナイキのマークの
もとになったものが彫られてる石碑もありました。

そしてここの見学は、午前のパムッカレと違い
暑くてたまりませんでした(笑)
足元は一面大理石で、照り返しもすごくて・・。

この後は、
「エフェス考古学博物館」
に行きました。
エフェス都市遺跡やその周辺から発掘された
彫像やレリーフなどなど、
2万5000点の所蔵品を保管した博物館です。
私にはとにかく時間が足りない所でした。もう必死で見た!
もっとゆっくりじっくり見たかったよ。ハァァ〜。
写真は撮れなかったので、ココは無いです。

今日の宿泊先はイズミールの
カヤプレステージホテル。
明日はここイズミールからイスタンブールへ
飛行機での移動になります。
アンカラに着いた4月25日から今日まで
何百kmもの距離、私たちを運んでくれた
バスの運転手さんのアフメットさんとはここでお別れ。
お腹のでっぷり出た、ひげを生やしたかわいいおじさんです。
写真を撮ろうというと、必ずがっつり肩を組んでくる熱いおじさん。
最後なので、ハグしてお互いの左右のほっぺに交互にキスをする
トルコ式の挨拶でお別れしました。

このホテルから15分ほど歩くと海に出るというので
オットと早速散歩。
しかし今日に限って夕食は7時、と決まっていた。
(今までは7時以降ご自由にどうぞという感じだった)
ホテルを出発したのが6時30分。
本当に15分で海に出た。エーゲ海。

イズミール エーゲ海

もっとゆっくり海を眺めて、散策したかったのですが、
7時という時間にホテルに帰り着く為にはそんなヒマは
ありませんでした。
とんぼ返り。
しかも帰りは少し走った・・。

ゼーゼー言いながらも、なんとかお食事にありつきました。

いただきます

ごちそうさまでした。

てな具合で第6日目につづく。
| 日記 | 17:26 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:26 | - | - |
お久しぶりでーす♪
いいっすねぇ トルコ
行ってみたくなりました
NZとはまた全く違う外国の雰囲気にうっとりー
| Noriko | 2007/06/07 11:28 AM |
Norikoさんへ
お久しぶりですー(^^)♪
良かったですよぉ、トルコ。
あの異国情緒あふれる独特な感じ。

私は私でNorikoさんのブログ読んで
早くNZ行ってみたいー!って
衝動にかられておりますのよ(笑)
| こづ | 2007/06/08 6:40 PM |
ご無沙汰してまして、一気に拝見しましたが、
イイな〜☆☆☆
ちなみに夫婦は似てくると言いますが、
こづさんとオットさんと同じ顔してますね( ̄m ̄)ぷぷっ
個人的には2日目の7枚目の写真が
ベストショットと思います☆ナイスポーズです!
オットさんのベストは公衆トイレで頑張ってる姿とか(ベスト?)
4日目の10枚目の写真をみると こづさんって
背ぇ高いですねぇ(周りの方々が小柄なのかな?)
| micky | 2007/06/17 12:56 PM |
mickyさんへ
ああ、こんなずらずら書いてるまとまりのない
日記を一気に読んでもらってスミマセン(^^;)

オットと私の顔書いてて、自分でも
「あれ、同じ顔や」って思いました(笑)
普段は私コンタクトにしてるんですが、
眼鏡顔書くと、オットと同じ顔になるみたいです。
ち、ちょっとイヤかも・・(汗)

写真、丁寧にみてもらってありがとうございますー。
ベストショット選定もうれしい♪うふ。
私、背は高くないんですが、
(高い身長に憧れてる159cmです=д=;)
そう言われてみるとあの写真、私が一番高いですねぇ。
思えば私の出会ったトルコの人たちの身長は
そんなに高くなかったです。
| こづ | 2007/06/18 1:32 AM |