CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
♪銀士くん
♪同盟参加
あーみん
♪お友達募集中
無料カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
<< 旅行記 ひとやすみ | main | 第5日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第4日目
4月28日。
今日は700km移動の日です。
カッパドキアからパムッカレまでの長い長い道のり。

ホテル前

2日間お世話になったホテルを早朝に出発。
バスはシルクロードをひた走ります。
道はまっすぐで、信号もなく、景色も素晴らしい快適な移動です。

シルクロード

でももちろん観光もあります。
今日最初の見学は、かつての隊商宿跡地、
「キャラバンサライ」。

はしゃぐオット

シルクロードを旅した商人たちのための宿です。
今で言うビジネスホテルか?部屋の跡、お風呂跡が残ってました。
こういった宿は、いくつも点在していたそうです。

そして再びバスは出発。
数時間走った頃、コンヤ市内に到着。
コンヤ市は緑もたくさんあり整備されていて綺麗な印象を受けました。
カッパドキア地方と比べると、人の数もぐっと増えました。
コンヤ市は、11世紀から13世紀にかけて
セルジューク・トルコの首都がおかれていた場所です。
政治・芸術・文化の中心として栄えました。

コンヤ市で最初に立ち寄ったところは
「カラタイ神学校」。

カラタイ神学校

1251年セルジューク時代、
高官ジェラッティン・カラタイという人によって
神学校として建てられました。
現在は陶器博物館となっていて、セルジューク期の
陶器やタイルが展示されています。
トルコはとにかくタイルがキレイ!青色が素晴らしいです。
と言いつつ、写真なくてスミマセン(^^;)

学生さん

すぐ隣の建物が学校だったみたいで
屋上から「コニチハー!」と叫ぶ声・・。

さて、再びバスは出発。
次の目的地はそう時間がかからず到着です。
ワタクシ、この場所にはヒジョーに興味があり、楽しみなところでした。
「メヴラーナ博物館」。

内部装飾

コンヤ市は、イスラム神秘主義教団「メヴラーナ教」発祥の地でもあります。
神学者メヴラーナ・ジェラレッディン・ルーミによって
13世紀に興った旋舞教団です。
ぐるぐる旋回しながら踊ることによって
神と一体になれるという教えの少し変わった修行法で有名です。
でも、円筒の帽子にスカートといういでたちで踊る姿は
幻想的で、素晴らしくキレイですよ。

メヴラーナ博物館

↓ちょっと、どんなモノか見てみませんか?
http://www.youtube.com/watch?v=hyP_0zz4JqM

1925年にアタチュルク(トルコ初代大統領)による改革で
宗教活動は停止となったのですが、
セマーセレモニー(旋舞)は観光行事として
公開されることがあります。
私は今回の旅行でセマーセレモニーは見学することは
残念ながら出来ませんでした。うぬー。いつか・・きっと!(`д´)

それにしてもここは、トルコ人の観光客も多い所でした。

中庭

そして1番声を掛けられた所でもあります。
英語で、トルコ語で。満面の笑顔付き!

館内に入る時、靴の上からビニールをかぶせなくてはいけなくて
中腰で「おいしょ、おいしょ」とやっているとふいに
後ろから「Hell!」と声が。
振り向くと可愛らしいトルコ人女性が、
やっぱり中腰で靴にビニールをかぶせながら
「ようこそトルコへ!会えてうれしい。」と
英語で勢いよく話しかけてきてくれて、お互い中腰のまま会話した(笑)

館内ではぎゅうぎゅうの人ごみの中見学していると
親子(お父さんと娘さんだった)が「Hell!」と笑顔で。
そしてお互い人ごみに押されながら少々の会話。

そのほか会話はないけど挨拶だけ交わした人も多く
楽しい時間でした。

唖然

館内見学が終わり集合場所へ向かい、少し人ごみが途切れたので
一息ついていると、女の子4人がトルコ語で話しかけてきた。
最初何を言ってるのかは分からなかったのだけど
カメラを指差して横に並ぶそぶりをしたので、
「あ、写真のことかー。」と分かった。
でも、私にシャッターを押してくれと言ってたのではなく
一緒に写真に入ってくれという事だった。
あたしゃただの日本人ですが・・と思い少し恥ずかしかったけど、
なんだかうれしかった(^^)

彼女たちのカメラで撮った後、
私も「一緒に撮って!」とお願いした。

異文化交流
私の横は、ツアーでご一緒したKさん。

お互いに自分たちの国の言葉でありがとうと言い
笑顔で別れた。
思い出すたび、気持ちが温まる出来事。

そしてここからバスはあと100km先の
最終目的地をひたすら目指します。

途中の休憩所でヨーグルトを食べました。

おいしかった

蜂蜜とけしの実たっぷりで、濃くておいしかった♪
ヨーグルトはトルコ発祥って知ってました?

夜8時、パムッカレのホテルに到着。
えー、私の感想ではあまり良くないホテルだったです。
わざわざ公表するのも申し訳ないので名前は書きません。
あ、でも設備も整ってるし、清潔でキレイなホテルでしたよ。

↓名前は書かないが写真はある(笑)
今日のホテル

今日は約700kmの移動でした。
こんだけの距離移動しますと聞かされた時は
さぞ疲れる日になるだろうと予想していたのですが、
意外に全く平気でした。
休憩も頻繁にさせてくれるし、
最初にも書いたように、道もまっすぐで信号もない。
景色も良く快適でした。

こんな感じの4日目でございました。

ではでは第5日目につづきます。


| 日記 | 16:50 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | - |
写真だけで判断したため
一瞬ヨーグルトの写真を見た時
「わぉ!ヨーグルトにカレー粉かけてる!」
って思ってしました...
スマン事です...
| 玉吉 | 2007/05/25 9:26 AM |
玉吉さんへ
うぷ。・・・と言いつつ
うむ、なるほど、見えないこともないですねぇ(笑)
あ!でもヨーグルトにカレー粉をかけるのは
気持ち悪く感じますけど、
カレーの隠し味にヨーグルト入れる例もありますよね。
だったら・・、あ、いや、やっぱり
やめとこ(笑)
| こづ | 2007/05/28 10:56 AM |